予算という観点 | 英会話の習得のためには早く始められる方が良い

予算という観点

未来につながるお金

こどもに英会話を習わせること、そこには間違いなくお金が発生します。授業料を払わないことには講義を受けられないことから、果たしてほんとうに必要なお金なのか、と感じることも少なくありません。
ただし、ここでいえることとして、英語は一生ものの特技で、しかも社会的に必要性のある技能だということです。
こどもの未来は良い物になってほしい、そう願うのは親として自然な思いです。その思いを形にするなら、今楽しい思いをこどもにさせることも大切ですが、未来を見据えた投資を行うことも必要です。
未来につながるお金、それは教育費です。
教育費をかけること、それは必ずしも自分に何かが返ってくるものではありません。ですが、確実にこどもの未来を良い方向に変えられる可能性を持つ力になってくれます。
勉強ばかりさせることは良くないと感じることもあるかもしれません。ですが、勉強をしなかったこどもと勉強をしたこどもなら、確実に未来に自由な選択肢があるのは後者です。
勉強をしなくても得られる幸せは勉強をしても得られることが多いですが、勉強をして得られる幸せは勉強をしないと絶対に得られません。
その中でも英会話はとても実用的で、こどもにとってとても有益です。
親としてこどもに有益なものを与えたいと思うなら、間違いなく英会話にお金をかけることは大切な投資だといえます。

案外高くない

こども向けの英会話教室の授業料は、少なくとも進学塾などと比べるとそこまで高くありません。
進学塾では毎月万単位の月謝が求められることもありますが、こどもの英会話教室では多くの場合1万円を切る価格で講義を受けさせられます。
親がちょっと節約して、こどもに服飾費をかける予算を多少減らして、どこかでつじつまを合わせれば、1万円を自由に使えるようにすることは可能です。
手が届かないお金ではない上に将来的な希望につながるお金と考えれば、十分価値を見出す意味があることは間違いありません。

ページのトップへ戻る